2017年04月30日

Elgato Game CaptureHDレビュー

前々回の時にこんなのありましたーと紹介した Elgato Game Capture HD が手に入りました。
ということで、ここまでの流れとは異なりますが早速試してみた感想を。

Game Capture HDレビュー

内容物

  • 本体
  • USBケーブル
  • HDMIケーブル
以上。簡素!
基本的に大事なのはこれを操るアプリケーションなんですが、それはネットから落とすという今風な感じ。
早速DL→インストール。
本体とケーブルつないで、アプリ起動。
映った・・マジで?こんなにあっさり???
そして画面もヌルヌルうごきますしね、すげーなコイツ。ちょっとビビりました。
あとパススルー端子もあるので、べつにスプリットする必要もなし。。神だわ・・

ニコ生配信

で、さっそくやってみました。
プルダウンから・・あれ、ニコ生ねーじゃん。
紹介ページを見たら、ニコ生は対応してない・・って書いてある。
うは、読み違え〜そしてtwicasもかよ・・っていう。
ただ、RTFS(要はFMEってことね)は対応してるので、枠とってFMEに入れるのと同じ作業をすれば一応は大丈夫でした。
で、やってみたんだが、動画ちゃんと30FPS出てんな、ヌルヌル動いてんじゃんすげー。
とりあえずテストだったんで、画質とサイズ落としてみたのだが、どこまでいけるのかね。

ちょっと触ってみた問題点

まず映像解像度が変わったりすると突然接続切れる…とか、マジで。
再度接続ボタンを押せばいいだけなんで、切れたことに気が付いてれば大丈夫。
そしてタイムラグがけっこうあります。
とはいえ、内部でパススルーがあるのでそこから直接液晶につなぎ、液晶側でプレイすれば万事解決。
というかもう一つがやばい。
ちゃんとマイク入力もあって、ツール上のゲージもあがってるのに、ゲーム音下がらないし、声ものらない。
なぜなの??なんで反応しないの??さっぱりわかりません・・
うーーーん、これはもうちょっと調べてみたほうがいいのかもしれないですな。
あと、ネットを見るとMacではやめたほうがいいという記事が多い。
動画を作ってYouTubeにあげるのはいいが、ニコ生は…とか
Mac/PC側の電源が入っていないとパススルーできないのでスプリッター扱いにはならないとか
機器自体が2.0なので3.0だと不具合が起きるということで、Macには向かないと。

まとめ

確かに繋ぎっぱなしの環境だと厳しいけど、差し替えればいいだけの話だし、
USBに問題があるならHUBで調整するとか何か方法はある。
高画質で60fpsとかを求めなければ十分でしょう。
ただ、大枠満足!あとはPS1をどうするかと音声入力だけですな。
別にPS2とコンポーネントでつなげばいいだけというオチではあるんだけどもね。

おまけ

これは買わないけども、AVT-C875 というデバイスのほうがよいという記事が多いようですね。

定価だとこっちが2k高いだけだが、僕はヤフオクで8000円でGC落としたんで、コスパ考えるとGCでいんじゃね?
ラベル:ゲーム配信 Mac
posted by ゆうと at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日のつぶやき
















posted by ゆうと at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

2017年04月28日のつぶやき














posted by ゆうと at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

2017年04月27日のつぶやき






































posted by ゆうと at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

2017年04月26日のつぶやき














posted by ゆうと at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

2017年04月25日のつぶやき


































posted by ゆうと at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

2017年04月24日のつぶやき














posted by ゆうと at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

続続UVCについて

前々回前回とFEVON168について書いてきました。
ここまでのまとめ
  • HD画質カメラとして扱えるキャプチャデバイスなので、Macでも扱える
  • 対応入力解像度の問題で、標準出力が480iのPS2では使えない
  • レトロフリークでも10FPSになる
  • 映像は出力されてもFEVON側の理由で音がおかしくなる
ということで、出力解像度を機械的に720pにするHDMI変換機が届いたので、レビューしてみましょう

いきなり結論から…

すべて無事解決しました!!
「なんという事でしょう〜!」(CV:サザエ)
C-ETLCPUQAE9Nf0.jpg
ということで、PS2の桃鉄を無事FMEに取り込めました。
レトロフリークも無事とりこめました。

とりあえずFEBON通す前にこれを通せば全部いけるんですなーという。
(つか、MotionJPEG出力のHDカメラってなんだよ・・とか聞きたくもなりますが)
というわけで、オヌヌメです。

ついでのおまけ

このデバイスについてちょっと記述だけしておきますね。
  • 外部電源が必要。※FEVONはUSBパワー?HDMIパワー?のみでいけるのでそれ以外は不要。
  • 出力形式を(720P)に変更する必要あり。
  • 入力解像度が変わると画面上に情報が流れます。最初ドキッとしますw
  • 説明書が全部英語ですww上記の画面消したいのに消し方わかりませんww
でも、この金額ならば買っておいて損はないと思います。

まとめ。と、この先…

このデバイスを通じてUVCが入出力できるようになりました。
ということで、デジタルのままMacに取り込んで、今までの環境で無事ゲーム配信できるようになりました。
ただ、ニコ生やってみたのですが、FMEの設定やら新ツール導入とかいろいろとてこずっています。
そのへんはまたメモって行こうかと。
あと、例のデバイスも手に入ったので、それも新しく記事を書いていきますかね。

posted by ゆうと at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日のつぶやき




























posted by ゆうと at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

2017年04月22日のつぶやき






posted by ゆうと at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする