2015年09月13日

トムとジェリーDVD

最近トムとジェリーの動画をいっぱい作ってたのは親友の家族向けの編集をしてあげるためだったんだよね。

そのなかでクルマで見る用のDVDを作ったんだが、これがトムジェリと真ん中の話を交互に入ってノンストップでかなり熱すぎて止まらない。


売り物じゃないので配布はできないんだが、以下の全30タイトル収録で公開順での並びになっています。

・勝利は我に

・冬眠中はお静かに(スパイク)

・天国と地獄

・月へ行った猫

・星空の音楽会

・こんなお家は(未来シリーズ)

・計算ちがい

・田舎狼と都会狼

・ごきげんないとこ

・腹話術は楽し(スパイク)

・南の島

・ブルさんはおねむ(スパイク)

・ナポリ良いとこ

・ステキな自動車(未来シリーズ)

・ひげも使いよう

・へんてこなオペラ(スパイク)

・空飛ぶほうき

・かかしにご用心(バーニー)

・なにがなんだかわからない

・うらやましいテレビ(未来シリーズ)

・おめでたいアヒル

・勝利はいただき (ドルーピー・口笛オオカミ)

・赤ちゃんは知らん顔

・楽しい農場(未来シリーズ)

・猫はワンワン、犬はニャーオ

・呼べど叫べど (ドルーピー)

・ジェリーの宇宙飛行士

・逃げてはみたけど(スパイク)

・新カルメンものがたり

・いたずら教室 (ドルーピー・口笛オオカミ)


まぁDVDで3時間超ってのはあれですが、画質もマスターがHDだからかほとんど気にならないレベル。

画質捨てればもっと入るのかもしれないね。

トムジェリはあれとしても真ん中の話は超テンポ早いからずっと見てしまいますなぁ。
posted by ゆうと at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

納豆っていったい…

これほしい!

 タカラトミーアーツ、美味しい納豆の作り方を追求するマシン「魯山人納豆鉢」を発売

 あの美食家の愛した
 "究極に美味しい納豆の作り方"を追求するマシン
 食の極み『魯山人納豆鉢』
 2/6(木)新発売!
http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/rosanjin_nattou/

うちでは週2で必ず納豆が出るんですけど、コレ使ってみたい。
納豆って400回かき混ぜると美味いって話は聞いてたけど
そこまで正直回せないじゃないですか。
これだったらスムーズに回せちゃうわけでよさそう。



Amazon探してみたら合ったんで買おうと思ったら
すでにAmazonの定価売りのが売り切れててマーケットプレイスでしか買えねーの。



なんとか手に入れたいなーとは思っているんですが
洗い物担当の僕としては、
混ぜ終わったあとのこの容器を洗うの考えるたら若干鬱になりそうです。
posted by ゆうと at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

修正してみた

最近Android勝手表示がおかしいのもあったので
いろいろページを修正してみた。
これでフルサイズで表示されるようになったかな。

あとわく全体をリンクにするようにしたので
使いやすくなっているのかも。
まだ治すところは山ほどありますが
とりいそぎ今日のところはココまで。
やることはまだまだたくさんあるんだけどもね。
posted by ゆうと at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

djayのiPhone版とiPad版の違い

iPhoneでdjayってDJアプリがあるんだが
これって元々はMac版のPCDJソフトで
iPhoneのiPodの曲を使ってできるっていう素晴らしいものなんですよ。
これでニコ生やってる人がいたので
見ていていいなーと思っていたら急に欲しくなり
とりあえずiPhone版を落としてみた。

自分もPCDJをやってはいるけど基本的に回すときはタイムコードなんで
あくまで音源管理的な意味合いだけだったんですが
PCDJソフトのauto syncってすごいね。
マジでTEMPO調整要らないのね、びっくりした。
あとCUEが残ってるから過去にかけてたらいきなりCUE出しできるんね。
こりゃ誰でもDJ気分になれるよね。
あとデフォルトでバックスピンもできるし、なにげにすごいわこれ。
iTunesで音楽にジャケを貼りつけておけばタンテに画像が表示されて
ピクチャレコードみたいな外見になり何気に楽しげだし
こんなのが欲しかった。

けど、iPhone版とiPad版が存在してるようで
iPhone版をiPadでも使うことは全然可能なんだけど
iPad専用版は料金もお高いけど何が違うんだろう…
とネットを漁ってみたんだがどこにも出てこない。
というわけで、iPad版を買ってみたのでその差異を記載しておこう。

・値段
iPhone 今なら150円(通常は300円?)
iPad 今なら1200円(通常は2400円?)
・画面
iPhone フルサイズではあるが画面がそもそも小さい。小さいように縦画面モードもあり。
iPad 完全に画面に一致するように作ったある。縦画面モードは無し。
・TEMPO
iPhone イコライザー機能内に入っている。
iPad 外に出ている。
→どうせみんなautosync使うから不要なんでしょうが、
 これ微調整するときに出ていたほうが便利なんだよね。

違いとしては、その2点。
以下はiPadだけについている機能

・縦フェーダー
上部についてるが、SPLITモードだと音がそもそも聞こえなくなるため
横フェーダーを使うことがメインで余り使わないのかもね。
それが使えるようになるとすげー便利かも。
・電源ボタン
タンテを回してる最中に電源落として徐々にスピードが落ちたり、
電源入れて徐々に早くなるようなエフェクトが再現できます。
・マルチCUE
イコライザーメニューの中にマルチCUEモードがあり、
1つの曲に3つ?4つ?までCUEが打てます。これは便利かも。

1時間ほど触ってみてわかった点でした。
実はまだあるのかも知れないですがちょっとわからなかったですね。
お遊び程度であればiPhone版でも十分かもしれません。
いや、これはマジで凄いと思います。
落としておいて損はない!!!
posted by ゆうと at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

DVDの作成(長文、あとできります)

先月会社の友人の結婚式で会社の人達と踊って凄い楽しかったわけで
その時に思ったのが「よし!今日いろんな人が撮ってる動画を集めてTHIS IS IT!みたいにする」
とそんなアホなことを思いつき
先週までしばらくはずっとDVD作成をやってました。
この前それが完成しみなさんにお配りしました。

というわけで、DVDってどうやって作るんだっけというのを
ちょろっとお教えしてみたいと思います。

まずDVD作成のフローとしては以下のステップです。
1.素材の録画
2.素材の編集
3.テロップ作成
4.DVDオーサリング
5.パッケージ作成
6.ダビング
7.完成

3つめと6ぐらいは思いつくのかと思いますが
4は意外と知られてません。
というか、漠然とDVD作りたい!って思っても
そういうステップもあまりわかってないんじゃないかと。
僕はアホみたいに動画編集して、テレビ・ビデオの動画をいろいろオーサリングしてるから
全然わかってますけどね。

まず1.は、本来は撮影プランとかそこを立てるんですが
今回の場合後付だったので結婚式のいろんな人が撮ってるビデオを集めることでした。
素材はたくさんあったほうがいいですね。

そして一番大変な作業の一つの2。
この作業を意外と知らない人が多いです。
撮影した動画をそのままDVDに突っ込んで焼けばいい・・
そんなのはただ動画をプレイヤーで見れる形にしただけで
見てる方も面白くは有りません。
よく言われるのはノンリニア編集といわれる動画編集ですね。
有名なソフトだとAdobeのPremireとかでしょうか。
それ以外にもたくさんあり過去にはUleadのとか使ってました。
基本的にはできることは一緒ですが、
使いかたとかGUIとエフェクトの有無に差があります。
Premireは僕も安い簡易版でしたが使ってましたけど
最近ちょっとお金出してVegas Movie Studioを買いました。
ポイントはタイムラインの本数でした。
タイムラインとは何かはあとで記載しますね。

映像にはムラがあります。素材は均一ではありません。
まず本体のライブの場合なんですが、
様々なカメラをテレビ局で言う別カメラ扱いで
タイムラインにひと通り載せています。
タイムラインとは、時間の流れのどのタイミングでどの動画を流すかを決めるために
帯状の項目になっているのをタイムラインと呼びます。
タイムラインが同時にどれだけあるかによって
同一画面上にどれだけの動画や画像がおけるかが決まります。
なので、ただ画像に文字を入れるだけなれば3ラインもあれば大丈夫ですが
並行して並べられないので毎回細かい修正が必要になります。
なので同時タイムライン数は多いだけよいと言えるでしょう。
あと、ビデオとオーディオのタイムライン数がバラバラの場合も多々ありますので
そこはソフトの仕様を要確認です。

動画を追加する時ですがiPhoneを縦にしてで撮った人もいれば
ハイビジョンカムで撮った方もいます。
でも縦画面が画面の中に出てきたウッて思うじゃないですか。
それを拡大して合わす作業とかも必要になります。
画質は悪くなりますがDVDに焼くのであれば
横720縦480の解像度がベースになるので
iPhoneであればHDですのでさほど気にならないかも知れません。
また、コマ数ですが1秒間に画像は29コマ(実質30コマ)に分かれています。
他の動画とずれないためにはコマでの動きもあわせて
タイムラインに載せないといけません。
じゃないと気持ち悪くなります。

あとメイキング映像とかの場合、
この時点である程度使いたいところだけにざっくり短くしておきます。
最終的に時間からあふれるので調整は要りますけど、
最初で並べておけば十分です。

並べ終わったらプレビュー画面を見ながら
どのカメラどの順番で見せるかを決定します。
この時点でフェードイン・フェードアウトとかエフェクトとかに拘ってると
絶対に時間が足らなくなりますwww
最初はシンプルに・・そして時間にあわせてその後デコっていくのが基本です。
この時点で必要なのはどの素材を使うかを決めることです。
今回の場合ライブ感を出すことが大事だったので
MC背面なめでお客さんを写している映像を多用しています。
あとできるだけお客さんが盛り上がってるところをピックアップしました。

そして画面の切り替えです。
多くのビデオ編集の場合同一タイムライン上にビデオを並べて重ねわせるだけで
フェードイン・フェードアウトを自動的にやってくれます。
重ね合わせると弓のような透明度を表す線が重なりあうように出てきますが
これは手動で画面縁を触ると出すことが出来ます。
Premireの場合はポイント指定で透明度を変更できましたが
MovieStudioは基本的にはのみでした。
※詳細設定を開けば動的にすることも可能。
また、ズームイン・ズームアウトとか3D切り替えなどになると
アプリケーションにより異なります。
僕のMovieStudioでは
ズームイン・ズームアウトは動画プロパティ、タイムライン、フィルターの位置調整
3D切り替えはフィルタでした。
MovieStudioでは先程の弓なりになった箇所に
フィルタのアイコンを落とすだけで反映されました。
ただ、意外と陥りやすい問題ですが
ズバッとカットインカットアウトが一番テレビっぽくて自然です。
テレビとか見ててフェードイン・フェードアウトってしないですよね?
必要に応じてなんじゃないかと。

この辺から徐々に3の工程が入ってくるのですが
トランジッションとかが入ってると簡易プレビューが効かなくなるので
プレビュー動画作成かない場合はレンダリングしましょう。
レンダリングと言ってもいろいろとやってると
全部をプレビュー用に用意するとすごい時間がかかります。
一番大事なのは切り替わりや演出が入っている箇所のみです。
そこだけレンダリングしておけばあとは大丈夫です。
Premireはプレビュー動画作成すると
Tempファイルとしてプロジェクト内に残るので要注意です。

それを繰り返しながら動画を完成させます。
で、作成範囲全部を指定して書き出します。
そこまでしてやっと4に移れるわけです。

さぁ4ってなにするんでしょう。
DVDって普通再生すると動画が流れたら終りなんてことはなく
メニューがあったりチャプター機能があったりするわけですよね。
それを作るんです。
DVDって一昔前はスクリプトを組まないといけないぐらいすごく複雑だったのですが
今はオーサリングソフトがあるので
そこにトラック別に動画を追加してチャプターを打てば終わりです。
今回の場合、副音声とかアホなこともやってるんですが
これは僕の使っているソフトの場合トラック内のファイルプロパティで
マルチ音声ファイルの参照が行えるので
やりたい場合そのファイルの動画の音声に合わせてファイルを使えば
バチっと合わせてマルチ音声を作ることが出来ます。
ただ、できないのもあるのでこれはソフト側を要チェックです。
オーサリングソフトのウィザードを使えばサクっとメニューもできちゃいます。
けど大事なのはここから。
オーサリングソフトの中にはある程度のテンプレートは入ってます。
けど、それじゃ面白く無いですよね…。
つまりメニューで使う画像を作るんです。
そうすると更にオリジナリティがますわけです。
ムービーリンク対応のソフトであれば
そのトラック内の動画のどこをプレビューとしてメニュー内で流すかを指定できたりもします。
あとメニュー中のBGMファイルを指定しておくとその曲が流れたりします。
ただ、気をつけてくださいDVDとはいえ、容量は無限大ではありません。
メニューとかが動画だとそれだけでかなりの容量を抑えます。
なので、そこは本編とかとの調整になります。
静止画とアイコンぐらいであれば誤差ですが
やはりBGMぐらいはほしいかもね…と。
僕は曲のサビだけが綺麗に流れる30秒弱にしました。

そしてオーサリングソフトをスタートするとDVDに焼ける形式で出力されます。
で、あと焼くだけでマスターは完成するわけです。

さぁ・・まぁ普通に配るだけならばここで終りです。
今回はアホみたいにトールパッケージを作るとかそんなお題がありました。
トールパッケージは最初他のDVDについているジャケットをスキャンして300dpiでデザイン。
通常の画面の解像度72dpiにしてしまうとガッサガサになりますので要注意です。
あと、フォントは要注意です。
ジャケットっぽくするならゴシック体のフォントにこだわりましょう。
みためが全然違います。
あと画像に被ったりする文字の場合
ドロップシャドウとか光彩とかをいれると見やすくなります。

ジャケットの印刷についてです。
こういう場合インクジェットプリンターでおうちで印刷するんですが
せっかく300dpiで作ったんだし今回ちょっと拘ってレーザープリンターで印刷しようと。
で、カラーレーザーっていくらかかるんだよ・・とお思いでしょうが
一番簡単な方法はセブンイレブンに行くことです。
今セブンイレブンならSDカードに画像を入れていけば
1枚50円(A3は80円)で印刷できます。
カラーレーザーのキレイっぷりは半端ないです。
画像をA3で収められるようにしておけば1枚40円ぐらいまでコストダウンも可能。
10部、20部程度の印刷ならホントおすすめですね。

ホントはDVDラベルの印刷もしたかったんですが
時間の問題とうちのインクジェットで前に何回かやって失敗したので
今回は断念しました。
そこだけは残念でしたがトールパッケージに入れてやると綺麗になります。

そんな感じでDVD作成記でした。

DVD作成は根気があれば誰でも作れます…
というか何回でも作り直しがききますので
クオリティを上げることはいくらでもできます。
こうしたいんだけどソフトの限界があるからな…ということもありますが
やり方次第だったりする場合もあります。
それこそ利用している様々なソフトのマスター度合い次第です。
ただ、今回のようにいろんな人に鮮度が高いうちに渡すとか
日程的なリミットがある場合こだわり過ぎるのも問題です。
まずは大きなフレームワークを作りそこに肉やヒレという装飾をつけ
装飾を外したり調整したりするバランス感が大事です。

僕も動画はかなりいじくり倒してるのでやりたいことを見つけるのは早いですが
次はこういう見せ方ができるというのを演出プランに盛り込む
という次のステップに進むわけで。
何度かいろんなものを作ってみると操作方法が分かってくる場合がありますので
とりあえず一つできたらから終りじゃなくて
いろんなものを作ってみるところから初めて見ましょう。
そしてソフトをいじってみることが一番大事です。
posted by ゆうと at 02:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

ハッピーアワー

P1000189.jpgといっても酒ではないです。
なんと3ゲームで1100円。靴つき
posted by ゆうと at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水道橋なう

P1000188.jpgあは
posted by ゆうと at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

やっとページングが…

seesaaをつかってかなりなりますが
一番良くないところはページングがついてないところだったんです。
でも、他の方のブログを見たら付いてるじゃん。
ちょっと待ってくれ、俺の設定がおかしいのか?
といろいろ調べたら機能自体はリリースされていたんだが
勝手にhtmlが変えられててその機能がOFFにされてたらしい。

つか、おれhtmlなんかいじってねーぞ。
たぶん、初期の対応でズレがでないように
勝手にhtmlがいじられちゃってたんだろうね。
というわけで、htmlを初期設定に戻した。
そしたら出現。

マジ勘弁してください・・・。
というわけで、PCなみなさんもページングして見れるようになりました。
ごめんなさいね。
posted by ゆうと at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

AVねぇ

人の名前は検索でかかるので書きません。

昨日のまとめサイトで知ってましたが、
元AKBの方がAVデビューするんですってね。
それも初期ど真ん中だった方らしいですな。

彼女は上京してきて、売れたいという野心のかたまりみたいな人だとはありましたが
まさかAVに行くとはね。
グラドル→タレント→麻薬で逮捕→ストリッパーの道を歩んだ小日向某って方もいましたが
今じゃほとんど話題にもあがらないキワモのですからね。

仮にいくら芸能界へのリベンジを考えてという事だとしても
AVは芸能界じゃないですし
芸能界で裸で勝負するなら映画とかVシネマとかもあるだろうに。
まあ、それでは話題にもならないとしても
ちょっと飛躍しすぎかなあって気がします。
ヘアヌード写真集の後でAV発売っていうんだから、
かなりの覚悟ですよね。
確かに写真集だけでは瞬間的な話題にしかならないか…。

彼女に何があったが知りませんが
芸能界は怖いところですな。
posted by ゆうと at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

ミキサー

先日ミキサーをオクで落としたのですが
そのあたりの事を備忘録的にまとめておきます。

そもそもミキサーが初心者用のものだったのは
CDJ-50を譲り受けたときに一緒にもらった時からでした。
なので、なんの苦もなかったのですが
CDJ-200に全部入れ替えたこともあり
師匠にも「もちょっといいミキサーにしたら?」と言われてて
かなり前からオクで探してたんです。

で、最近ベリンガーのDJX700が5000円というのを
たまたまみつけました。
これ普通に買ったらいいお値段だし
ベリンガーで探していたのでかなりいいかも!と思ったら
難有りだったんですが4CH中CH1のみ右が出ないとかで
家でCDJでつなぐだけなら
2CH稼働してちゃんと出力してくれれば十分だったので
落としました。

で、届きましたのでさっそく設置です。
今までのミキサーはCDJよりも小さかったので
台がかなり余裕かましてましたが
今回のはでかいのでかなりギリギリな感じです。
設置は完了し電源コネクタがアメリカ式で
アースがついていたりもしましたが、
もっと大きな問題が一点…。
マイク入力のコネクタが業務用の3pin式で
使っていたマイクが使えないんです。

ということで、
秋葉に行って変換コネクタを探しに出かけました。
ですが、どこへ行けばよいやらわからない。
でも、冷静に考えれば
駅前のアキバデパートかダイナミックオーディオに行けばよかったんですよね。
まぁ、他にもWebカメラが欲しかったりBD-Rも欲しかったので
うろうろしながら探しておりましたよ。
で、最後にマイクごと変えるか…ヨドバシに行ったら変換コネクタ売ってました。

あと、これも師匠に言われてましたが
マイクスタンドもそろそろ買おうかと思っていたので
テーブル設置タイプのをあわせて購入しました。
webカムも150万画素のが1980円と
5〜6年前からすると考えられない金額でビックリしましたな。

で、テーブルに設置してミキサーいじってみたんですが
音が出始めるポイントが全然違ったり
マイクやらCUEの選択が違うのでちょっと困りましたが
ちょっとずつ勉強していこうかと。
その癖はいろいろあるからねー。

そんな感じの顛末でした。
posted by ゆうと at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする